任意整理で負担軽減【支払う金額の負担を減らす】

記事リスト

借金の減額はプロに依頼を

弁護士

直接交渉で債務を減らす

多重債務などで借金の返済が困難になった場合、放置していると利息が膨れ上がってますます深刻な状況におちいってしまいます。そんな時は、できるだけ早期に専門家に相談し、債務整理に協力してもらうのが得策です。債務整理の方法には裁判所の許可を得て行う個人再生や自己破産などがありますが、当事者の話し合いだけで解決を図るやり方もあります。これを任意整理といいます。任意整理は、債権者と債務者が協議して返済額を減らすことをいいます。実行可能な返済計画を立て、それを忠実に履行することを条件に、利息を減免してもらったり元本を減額しもらったりします。任意整理を行うには、貸し手との直接交渉が必要となります。当然、金融制度や利息計算等に関する専門的な知識が必要となります。そのため通常は、弁護士や司法書士といった専門家に交渉を代行してもらうことになります。専門家に依頼する場合、まず気をつける必要があるのは借金の額の大きさです。個別の債権額が140万円以下の場合は弁護士・司法書士のどちらにも依頼可能ですが、140万円を超える場合、弁護士は無条件で取り扱えますが、司法書士は特別な考査にパスした「認定司法書士」と呼ばれる者でなければ取り扱えません。依頼先を探す際は、その点を確認する必要があります。また、依頼しようとする弁護士・司法書士の過去の実績についても注意が必要です。弁護士や司法書士にもそれぞれ得意分野があり、誰もが任意整理に実績を持っているわけではありません。口コミなどをチェックして、できるだけ信頼のおけそうな相手に依頼することが重要です。

Copyright© 2018 任意整理で負担軽減【支払う金額の負担を減らす】 All Rights Reserved.