任意整理で負担軽減【支払う金額の負担を減らす】

記事リスト

相談無料で減額試算も可

ガッツポーズ

減額できる理由とは

任意整理は、将来発生する利息をカットして減額された借金を3年〜5年かけて返済をしていく手続きです。法律事務所の弁護士に相談をすれば、相談者の代理人となって弁護士が裁判所を介せず各債権者に個別交渉して和解をする手続きをします。債権者が交渉に応じて和解締結すると減額をすることができます。任意整理でどれぐらい減額をすることができるかですが、相場では30%〜40%です。法律事務所によっては、相談料無料のサービスを提供してくれるところもあり、各債務整理の仕組みやメリットとデメリット、料金体系についても説明してくれますが、どれぐらい減額できるか、過払い金はいくら戻ってくれるかなど無料でシミュレーションしてくれる法律事務所もあります。そういった法律事務所は、任意整理等の債務整理に強い自身がある事務所ですので、そういったところに依頼するのが最適です。しかし、任意整理の手続きを依頼しても減額をすることができないこともあります。弁護士の交渉力が無いからというのではなく、そもそも過払い金が発生していないことが挙げられます。いわゆるグレーゾーン金利で契約していた期間があるかがポイントとなります。2010年以降に初めてカードローンを利用した方だと過払い金が発生していないことがほとんどです。それでも将来金利はカットすることはできますので、今後は利息がかからず返済ができます。利息カットしてもらっても返済困難であれば、個人再生や自己破産を検討することになります。

Copyright© 2018 任意整理で負担軽減【支払う金額の負担を減らす】 All Rights Reserved.